車の査定士に求められるスキルの幅広さ

車の査定士に求められるスキルの幅広さ

車の査定士という職業は、覚える事が非常に多いです。
まず査定士という職業になるためには、まず間違いなく車に関する知識が必要になるでしょう。車に対する知識がゼロですと、どう考えても査定は困難になります。

 

実際、査定士という職業になるためには資格も必要です。ある会社が提供している資格があるのですが、その取得がほぼ必須という車買取の業者もあります。
そして最近の査定士は、車の知識以外にも覚える事が多いと思うのです。その1つは、IT媒体ですね。

 

最近のIT業界の発達は目覚しいものがあって、次から次へと新しい物が出現しています。その1つは、スマートフォンのアプリですね。近頃はIESと呼ばれるアプリも実現しています。それを用いると、非常に簡単に車の査定を行う事ができるのです。ですので最近では、それを導入している車買取の業者も非常に多いと思います。

 

ただそのアプリを使いこなすためには、ある程度はスマホに対する知識は必要になるでしょう。少なくともフリック入力程度のスキルは、求められると思うのですが。
上記のような技術的なものが車の査定時には求められるのですが、他にもあります。顧客対応ですね。

 

思うに車査定を受けている顧客の方々は、業者のスタッフの顧客対応を本当によく見ていると思います。実際それは口コミを見てみると、本当によく分かりますね。「とても丁寧に対応してくれたので、良かった」というクチコミなどは非常によく見かけます。つまりそれは、人々は査定士の接客姿勢を見ている事の証明です。ですので査定士という職業には、接客対応のマナーなども求められると思うのですが。

 

ですので車買取業者の査定士という職業に対しては、かなり幅広い知識が求められると思う次第です。

 

アルファードの買取・下取りで高確率で高額査定を!